Browse Author

admin

心から想うあの時助けてくれたあなたへの恋

始まりは突然でした。

当時17歳のわたしは夕暮れ時、

駅前で学校から帰るためのバスを待っていました。

 

その日は部活で遅くなってしまい田舎の駅は人もまばらでした。

そこへ運悪く、チャラそうな大学生くらいの二人組が絡んできました。

最初は遊びにいこうよ!と声をかけられるくらいでしたが困って無言になっていると

強引に腕を掴んで車に乗せようとしてきました。

本当に怖くて泣きそうなのに声がでなくて…。

そのとき、「ここにいたの?探したよ〜」と、呑気な声がしました。

声の主は全く知らない若い男の子でしたが、助かったー!と思い彼の腕を掴んで猛ダッシュで逃げました。

だいぶ走ったところでお礼を言うと、彼は「たまたま通りかかっただけだから」と照れ笑いして

どこかに去っていきました。

この時点で名前を聞けば良かったとかなり後悔しました。

ベタなドラマみたいなシチュエーションにかなりドキドキしました。

助けてくれた彼は色が白くてハーフのような顔立ちで、一目惚れだったと思います。

1ヶ月ほどたった夏休みの日、

友達が「どうしても結衣に会いたいって人がいるんだけど、今から学校の前のファミレス来れる?」と

メールしてきました。

面倒だったので無視して昼寝してると

「その人朝からファミレスでずっと待ってるから行ってやってくれない?」と電話がかかってきました。

しぶしぶちょっと顔見せに行くだけ行ってみたら…この間助けてくれた彼でした。

わたしに気づいた瞬間、彼が「好きです付き合って下さい!」

え?え?っと混乱していると、実は同じ学校の1年上で、

入学式のときわたしを見かけてからずっと気になってた…と言われました。

何だか夢みたいで嬉しくて、その日から付き合いはじめました。

後から話してわかったことですが、彼はわたしの友達の従兄弟で、

幼稚園から高校まで偶然ずっと同じところに通っていました。

育ってきた環境が似ているせいか話がとてもよく合いました。

家庭の事情で一人暮らしをしていた彼に合鍵をもらい、

高校を卒業したら結婚しようと約束していました。

わたしが卒業してしばらくして、

彼が飲食店の正社員の面接を受けに行った日、

バイクで車と接触してこの世を去りました。

わたしは十年後に別の人と結婚しましたが、今でもときどき懐かしく思い出します。

大人の男性に恋した、誰との出会いにも意味はある

私が21歳のときにたまたま知人に大人数の飲み会があるからおいでよと誘われ、友人と参加しました。その飲み会とは昭和56年会というもので私たち以外はみんな同い年の人しかいない会でした。私と友人は出会いを求めに参加したというよりは飲み会をただ楽しむためという気持ちだったので、電話番号を聞くわけでもなくただただわいわい楽しく飲んでいました。約50人で何度か席替えがあり、最後の席替えでたまたま同じ席になった美容師さんと話しました。海外から帰ってきたばかりということや、日本一周してきたなど話の内容がすごすぎて、第一印象は異国の人という感じでした。最後に連絡先を聞かれ、飲み会から1か月ほどでまた数人で飲んだり、週に何回か連絡を取っていたところついにデートに誘われ二人で食事へ。その日はすごい楽しい時間が過ごせたことを今でも覚えています。そして私から告白し付き合うことに。ただ条件があってずっとここにいられないと思うし俺はいろんなとこに行っちゃうけどそれでも大丈夫?と言われました。確かに話のスケールの大きさから、美容師ではあるけどいろんなところを転々とする人なのかなと思ってました。それでもいいかと思ったので付き合いました。

それから交際は順調に続き、21歳の私からしてみれば27歳なんて大人の男で、彼のすることや発言が本当にすごくて会うたびに刺激を受けていた日々でした。だんだん彼の世界に染まっていった頃、いよいよ彼が北海道を出て東京に行ってくると言いました。期間は3か月ほど。そこから遠距離恋愛に。元からそこまで毎日連絡を取り合うタイプではなかったのですが遠距離になってからも、寂しさを感じさせないペースで連絡をくれていました。そして4か月後北海道に彼が戻ってきて半同棲に。と言っても私は一人暮らしをしたことがなく、家事だけで手いっぱいに。買い物すら付き合ってくれない彼に不満が募って初めてケンカをしたけど、彼は一度も私を怒ったりしませんでした。

それから同棲は一旦解消し、彼は東京に行く機会が増えついに先輩と一緒に東京で美容室を開くことに。それからはかなり忙しくなり、私が東京に会いに行ってもあまり時間を作ってもらえず、愛情が薄くなっていきました。そしてお互い離れている間に仕事という夢中になれるものが見つかり、これ以上は無理だなと判断し私から別れを告げました。彼は後々地元での独立を考えていて、北海道には帰ってくる予定ですが、私たちが戻ることはないなと思ってしまいました。
彼も私もいい意味で自由人すぎて結婚には向いていない気がするし、彼の夢を支えるには私では器が小さすぎるから。でも彼と付き合えたことで私の世界観が一気に広がり、今では本当に感謝するばかりです。たまに連絡を取り合うこともあるけど、彼には最後まで夢を追い続けていてほしいし、それをちゃんと支えてくれる人と幸せになってほしいです。誰との出会いも意味がある。それが彼の名言です。

Facebookで片想いしていた彼と再会

27才の頃、友人たちが続々と結婚しはじめた。
結婚式をするから来てくれない?という連絡が届き、週末、Facebookを開けるとタイムラインには必ず誰かの結婚式の写真が投稿されている。
友人がいいね!をしていたせいで、高校時代あまり目立たなかったあの子まで結婚までもFacebookを通じて知ってしまった。

結婚を意識していた彼氏に振られてから3年間、私には彼氏ができなかった。
合コンにも顔を出すし、友人から何人も紹介をしてもらったのにも関わらず、ピンとくる人に出会えなかったのだ。
続々と結婚していく友人たちを見るたび、私の気持ちはさらに焦っていった。
友人の結婚の報告にも素直に喜べなくなっていったし、なんとか理由をつけて断ろうとする自分に気づいたとき「こんなんだから彼氏もできないのかなぁ。」と思い、ひどく落ち込んだこともある。

ある日、Facebookなんか見るからいろんな人の結婚を知って余計に落ち込むのかも思い、Facebookのアカウントを削除するためにパソコンを立ち上げた。
タイムラインを見ないようにしながら、Facebookを開けると友人申請が1件着ている。
今まさに退会しようとしているのに友達申請を送ってくるなんて間の悪い人だなあと思
いながら、友人申請を送ってきたアカウントをチェックすると中学時代に片思いをしていた彼だった。
付き合いこそしなかったけれど、生まれて初めてデートをしたのは彼とだった。
その頃のことを思い出して懐かしいなーと思うのと同時に、今、彼がどうしているのかが気になった。
彼のタイムラインを見てしまおうか。でも結婚していたらショックを受けるかもしれない…。

数分後、私は彼にダイレクトメールを送った。
タイムラインを覗いた結果、彼はどうも結婚をしていないようだったからだ。
当たり障りのない「申請ありがとう!久しぶりだね!」なんていう当たり障りのないメールだった。
その日のうちに彼から「知り合いかもに表示されたから申請をしてみたよ」という返信がやってきた。
確か、最後に連絡をとったのは高校に入学してすぐの頃だった。実に10年以上ぶりに連絡だった。

その後もちょくちょく連絡を取り合い、付き合うことになった。
あんなに憎たらしく感じていたFacebookだったけれど、辞めようと思う時期が少しでもずれていたら彼とは再会できなかったのかと思うと、Facebook様様という感じである。

SNSで遠距離恋愛をした私・・・

20歳前後の若い頃、SNSで知り合った方とお付き合いしていました。
趣味の話で気が合い、お互いに惹かれたのですが、
実際に会うと相手は女性でした。
と言うのも、性同一性障害である女性で、
心は男性でした。見た目や話し言葉は男性ですし、
好きだったので、全く気になりませんでした。
中国地方と関西地方の遠距離恋愛という事もあり、
月に一度の頻度で会い、普段は電話やメールでやり取りをしました。
性同一性障害という、相手の抱える悩みも、
生まれて初めて聞く事ばかりで、若いながらに一緒に悩み、
私が支えてあげなければ、と深く情も湧いていました。
ですが、やはり理解をするというのは思いの外難しく、
彼が私生活で嫌な事があると情緒不安定になる為、
どうしたら良いのか分からず喧嘩になる事もしばしば。
本当は嘘なんじゃないのか?と、疑う事すらありました。
また、彼の方も、悩みもなく普通に過ごしている私に対し、
妬みや羨ましさから嫌味などをいう事などもありました。

今思うと、当時は若さ故に自分の事に一生懸命で、
相手を思う気持ち以上に、自分の方が大切であった気がします。
もう少し寄り添って、相手の気持ちになってあげられたら、
もしかすると今でも一緒に居たのかもしれません。

結局二年近く付き合いましたが、やはり私の方が彼の不安定さに
ついていけず、疲れてしまったので、別れを告げました。
彼は精神的にとてもボロボロの状態でしたが、
あまり引き止める事もなく、応じてくれました。
きっともう無理だという事は分かっていたのだと思います。

その後、SNS上でたまに彼を目にすると、切なくなり、
寄りを戻そうかなどと考えた事もありましたが、
彼の為にも良くないかと、やめました。

私は今ではもう結婚をし、子供もおりますが、
たまに彼のSNSを覗いて、元気にしているか確認しています。
お互いに大人になっているので、彼も精神的にも多少強くなり、
楽しく過ごしているようで安心しています。

若いながらに一生懸命な恋愛でした。
相手を全て理解するのは難しいと、勉強にもなりました。
これからも、きっと忘れる事はありません。

好きな人ができた中学生の私恋する5秒前のストーリー

僕が中学生の時に初めて、親友になるくらい仲のいい女友達が出来ました。彼女は、とても優しくて、面白かったけど、怒るととても怖いし、すぐ怒る性格だったので、僕ともなんども、喧嘩しました。普通にカラオケや、付き合ってもないのに、家に行って遊ぶぐらい仲良しでした。僕も遊んでいくうちに、彼女の事が好きになってしまって、異性として意識するようになりました。僕は思い切って告白しようと思いました。ですが、彼女の方は、別に好きな人がいたらしく、仲良しである僕によく相談しに来ていました。僕は普通に答えていたんですが、なんせ僕が好きな女性は目の前に彼女でしたから、正直めちゃくちゃ辛かったです。いちいち聞かれる質問は、男性はどんな物が好きかとか、男性はどんな事をしたら喜ぶの??と質問されましたが、それを聞かれるたびに、とてもじゃないくらい正気じゃいられませんでした。wwwwでも、彼女の事を好きという事をバレないように、必死に隠して、質問に答えてました。でも、ある時、いつものように、彼女と仲良くしゃべっていたら、クラスのみんなが「付き合ってるの?wwww」と言われました。僕は違うよって言おうとしたら、彼女から、「は、違うし」と言われめちゃくちゃショックでした。そして、時が流れて、久しぶりに恋愛の質問が来て、僕が「最近どう?」と聞いたら。彼女は「最近、その人が好きかわかなくなった」といいました。これを聞いてなんとなく、(´▽`) ホッとした事を覚えています。彼女は他に好きな人ができたかもって言われました。それを聞いて、ちょっと期待していました。中学を卒業するくらに告白しようと思いました。でも、いざ、告白したら、振られてしまいました。高校に進学して、楽しい生活ができると思ったんですが、最悪の入学式を迎える事になりました。そして、クラスの仲をよくするために、入学してすぐ、宿泊旅行に行きました。僕はまだ立ち直れないせいか、具合が悪くなって、途中で帰りました。最悪でした、そしたら彼女がメールで、大丈夫?と言ってくれたので、大丈夫だよって答えたら。彼女が「もしかして、私が振ったから?」と言われました。僕は素直に「うん」と答えました。そしたら、彼女は急に謝りだして、「ホントはめっちゃ好きだった。振った事公開してる、付き合って欲しい」と言われました。僕は頭が真っ白になった瞬間一気嬉しくなって、すぐ、旅行先に戻りました。そして僕はもう1回告白して、彼女からOKをもらいました。