Facebookで片想いしていた彼と再会

27才の頃、友人たちが続々と結婚しはじめた。
結婚式をするから来てくれない?という連絡が届き、週末、Facebookを開けるとタイムラインには必ず誰かの結婚式の写真が投稿されている。
友人がいいね!をしていたせいで、高校時代あまり目立たなかったあの子まで結婚までもFacebookを通じて知ってしまった。

結婚を意識していた彼氏に振られてから3年間、私には彼氏ができなかった。
合コンにも顔を出すし、友人から何人も紹介をしてもらったのにも関わらず、ピンとくる人に出会えなかったのだ。
続々と結婚していく友人たちを見るたび、私の気持ちはさらに焦っていった。
友人の結婚の報告にも素直に喜べなくなっていったし、なんとか理由をつけて断ろうとする自分に気づいたとき「こんなんだから彼氏もできないのかなぁ。」と思い、ひどく落ち込んだこともある。

ある日、Facebookなんか見るからいろんな人の結婚を知って余計に落ち込むのかも思い、Facebookのアカウントを削除するためにパソコンを立ち上げた。
タイムラインを見ないようにしながら、Facebookを開けると友人申請が1件着ている。
今まさに退会しようとしているのに友達申請を送ってくるなんて間の悪い人だなあと思
いながら、友人申請を送ってきたアカウントをチェックすると中学時代に片思いをしていた彼だった。
付き合いこそしなかったけれど、生まれて初めてデートをしたのは彼とだった。
その頃のことを思い出して懐かしいなーと思うのと同時に、今、彼がどうしているのかが気になった。
彼のタイムラインを見てしまおうか。でも結婚していたらショックを受けるかもしれない…。

数分後、私は彼にダイレクトメールを送った。
タイムラインを覗いた結果、彼はどうも結婚をしていないようだったからだ。
当たり障りのない「申請ありがとう!久しぶりだね!」なんていう当たり障りのないメールだった。
その日のうちに彼から「知り合いかもに表示されたから申請をしてみたよ」という返信がやってきた。
確か、最後に連絡をとったのは高校に入学してすぐの頃だった。実に10年以上ぶりに連絡だった。

その後もちょくちょく連絡を取り合い、付き合うことになった。
あんなに憎たらしく感じていたFacebookだったけれど、辞めようと思う時期が少しでもずれていたら彼とは再会できなかったのかと思うと、Facebook様様という感じである。


コメントを残す