大人の男性に恋した、誰との出会いにも意味はある

私が21歳のときにたまたま知人に大人数の飲み会があるからおいでよと誘われ、友人と参加しました。その飲み会とは昭和56年会というもので私たち以外はみんな同い年の人しかいない会でした。私と友人は出会いを求めに参加したというよりは飲み会をただ楽しむためという気持ちだったので、電話番号を聞くわけでもなくただただわいわい楽しく飲んでいました。約50人で何度か席替えがあり、最後の席替えでたまたま同じ席になった美容師さんと話しました。海外から帰ってきたばかりということや、日本一周してきたなど話の内容がすごすぎて、第一印象は異国の人という感じでした。最後に連絡先を聞かれ、飲み会から1か月ほどでまた数人で飲んだり、週に何回か連絡を取っていたところついにデートに誘われ二人で食事へ。その日はすごい楽しい時間が過ごせたことを今でも覚えています。そして私から告白し付き合うことに。ただ条件があってずっとここにいられないと思うし俺はいろんなとこに行っちゃうけどそれでも大丈夫?と言われました。確かに話のスケールの大きさから、美容師ではあるけどいろんなところを転々とする人なのかなと思ってました。それでもいいかと思ったので付き合いました。

それから交際は順調に続き、21歳の私からしてみれば27歳なんて大人の男で、彼のすることや発言が本当にすごくて会うたびに刺激を受けていた日々でした。だんだん彼の世界に染まっていった頃、いよいよ彼が北海道を出て東京に行ってくると言いました。期間は3か月ほど。そこから遠距離恋愛に。元からそこまで毎日連絡を取り合うタイプではなかったのですが遠距離になってからも、寂しさを感じさせないペースで連絡をくれていました。そして4か月後北海道に彼が戻ってきて半同棲に。と言っても私は一人暮らしをしたことがなく、家事だけで手いっぱいに。買い物すら付き合ってくれない彼に不満が募って初めてケンカをしたけど、彼は一度も私を怒ったりしませんでした。

それから同棲は一旦解消し、彼は東京に行く機会が増えついに先輩と一緒に東京で美容室を開くことに。それからはかなり忙しくなり、私が東京に会いに行ってもあまり時間を作ってもらえず、愛情が薄くなっていきました。そしてお互い離れている間に仕事という夢中になれるものが見つかり、これ以上は無理だなと判断し私から別れを告げました。彼は後々地元での独立を考えていて、北海道には帰ってくる予定ですが、私たちが戻ることはないなと思ってしまいました。
彼も私もいい意味で自由人すぎて結婚には向いていない気がするし、彼の夢を支えるには私では器が小さすぎるから。でも彼と付き合えたことで私の世界観が一気に広がり、今では本当に感謝するばかりです。たまに連絡を取り合うこともあるけど、彼には最後まで夢を追い続けていてほしいし、それをちゃんと支えてくれる人と幸せになってほしいです。誰との出会いも意味がある。それが彼の名言です。


コメントを残す